ぶっきーの超・雑記ブログ

「より良く生きる」を模索する。


アフィリエイト収益で稼ぐ簡単な方法(ぶっきー流)

こんにちは、ぶっきーです。

 

今回は僕がアフィリエイト収入を得るために行っている方法論・工夫を公開します。

1日200~300PV程度の本ブログで、月4000円弱程度の収益が発生しています。

額は少ないですが、結構良い収益率だと思われます。

Googleアドセンスを貼っているブログと同じくらいの収益率なので。

 

結構簡単な方法なので、特にこれからアフィリエイト収入を得ようとしている方には参考にしていただけるはずです。

 

基本的なお話

本記事ではアフィリエイトによる収益化について言及しますが、ブログを収益化するにはアドセンスとアフィリエイトの2つの方法があります。

超ざっくり説明すると両者には以下のような違いがあります。

 

  • アドセンス:広告が表示されたり、クリックされると収益発生
  • アフィリエイト:貼った商品を購入してもらうと収益発生

 

こうしてみるとアフィリエイトの方が稼ぐのが難しそうに見えるかもしれません。

広告が表示されるだけでなく、購入してもらわないといけないので。

でも実は工夫次第でアドセンスとほとんど変わらない収益を得られます。

 

またGoogleアドセンスだけに依存した収益構造はリスクが高いため、アフィリエイトによる収益化はやっておくに越したことはないと僕は思ってます。

まだアフィリエイトを導入していない方は是非この機会にどうぞ。

 

「収益用記事」と「集客用記事」を区別せよ!

記事にアフィリエイト広告を貼るだけでは、おそらく効率よく収益を上げることはできません。

 

僕が我流でやっている方法ですが、収益を上げるには「収益用記事」「集客用記事」を区別して記事執筆することが重要だと考えています。

記事を書いている時は、「収益用記事」を書いているのか、「集客用記事」を書いているのかを明確に意識するべきです。

 

「収益用記事」とは?

本記事で言う「収益用記事」とは、アフィリエイトによって収益を発生させるための記事のことを言います。

 

本ブログで言えば例えば以下のような記事のことです。

 

 

要は何かしらのテーマに沿ってランキング形式で商品を紹介する記事ですね。

記事のテーマに沿ってアフィリエイトリンクを沢山貼ることができるため、収益が見込めます。

 

実は僕の経験上、アフィリエイトで収益が上がる記事というのは限られてるんですよね。

それは結局上記のようなランキング形式で多数商品を紹介している記事なのです。

 

であれば意識的にこのようなランキング形式の収益用記事を執筆することが、ブログを効率よく収益化するためのカギになるはずです。

 

ランキング形式の記事は執筆も楽ですし、まだ書いたことが無い方はぜひ書いてみてください。

(厳密にはランキング形式でなくても収益用記事を書くことはできますが、労力が少なくて済むのはランキング形式だと思ってます)

 

アフィリエイト収益を得る場合、もしもアフィリエイトへの登録が必須です。

 

Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトに直接個別で申し込みする方法もありますが、おすすめしません。

というか、個別に登録するメリットが無いんですよね…(楽天ポイントでしか報酬がもらえなかったり、不便なことの方が多い)

 

もしもアフィリエイトに登録するとAmazonと楽天両方の広告を貼ることができ、収益も月1000円以上から日本円で振り込まれます。

 

そしてもしもアフィリエイトに登録した上で「カエレバ」を導入すれば、Amazonと楽天の両方の商品リンクが一発で作れるので非常に便利です。

「カエレバ」の広告リンクはこんな感じです↓

 

 

「集客用記事」とは?

本記事で言う「集客用記事」とは、アクセスを稼ぐ(人を集める)ための記事のことを言います。

 

「収益用記事」として執筆したランキング形式の記事は、同じようなテーマで記事を書いている人が多かったりしてなかなか検索で上位表示させるのも難しく、それ単体ではアクセス数が稼ぎにくいのです。

 

そこでアクセス数が稼げるような「集客用記事」を別に用意し、その記事の中で「収益用記事」へのリンクを貼ります。

そうすれば検索からやってきた読者さんを「収益用記事」へ導くための経路ができあがります。

 

本ブログの場合は、「収益用記事」以外はだいたい「集客用記事」として執筆しています。

 

しかし「集客用記事」とは言っても、検索エンジンからアクセスを得られる記事を書くのは簡単ではないですよね。

本記事ではそんなあなたに役立つツールを一つ紹介します。

その名もneilpatel

 

キーワードの検索ボリュームを教えてくれるツールでして、たとえば「タブレット おすすめ」のようにキーワードを指定すると、そのキーワードの検索ボリュームを数値で教えてくれます。

 

数値が大きいほど検索から大きなアクセスを得ることができるわけですが、当然検索ボリュームの大きいキーワードはライバルブログも多いわけでして、単純にボリュームだけを見ればうまくいくというわけでもないのが難しいところ。

 

僕としてはだいたい検索ボリュームが500くらいのキーワード(の組み合わせ)がねらい目なんじゃないかなと思っています。

 

キーワードが決まったら、そのキーワードを記事タイトルや見出し、本文中に意識的に登場させて記事を書きましょう。

するとすぐに結果は表れませんが、じわじわと検索流入が発生してくるはず。

少なくとも何も意識せずに書くよりもずっと効率的です。

 

あと、もちろん集客用記事の中でも商品を紹介できそうな流れになれば、アフィリエイトを貼ってもOKです。

 

まとめ

というわけでアフィリエイト収入を効率よく上げるために、「収益用記事と集客用記事をうまく使い分ける」という僕なりの方法を紹介しました。

名付けてぶっきーメソッド

 

最後に「収益用記事」と「集客用記事」の関係を雑な図で表すと以下のようになります。

 

f:id:book_buku:20190504005514p:plain

 

中心には「収益用記事」があって、そこに「集客用記事」がリンクで繋がっているイメージですね。

読者さんたちが「集客用記事」を通って「収益用記事」に流入してくる構造を作るわけです。

 

まあこの方法が正しいかどうかは分かりませんが、それなりに成果を挙げているので参考にしてみてください。

1日200PVある人なら月3000~4000円は稼げるんじゃないかなと。

 

あと、Amazonや楽天以外にももしもアフィリエイトには報酬が高い広告が沢山あります。

自分なりに色んな広告を開拓し、本記事で紹介した方法を応用することで、収益アップを狙ってみてください。

僕もこれからいろいろな広告を試していこうと思ってます。

 

おしまい、ぶっきーでした。

(この方法を試して収益が上がった方がいらっしゃったらブログなどで本記事を紹介していただけると泣いて喜びます)