ぶっきーの超・雑記ブログ

「より良く生きる」を模索する。

ボタンは反応するのに Surface ペンが書けない!?7つの解決方法

f:id:book_buku:20181011164654j:plain

 

こんにちは、Surface愛好家のぶっきーです。

 

この記事では「Surfaceでペンが書けない時の解決方法」をまとめます。

僕もこの症状で悩んで最終的に直りはしたんだけど、情報収集で結構苦労させられた(1週間くらいかかった)のでこの記事に情報を集約しておく(後の自分のための備忘録)。

 

僕が持ってるのはSurface Pro 3、でも他のSurfaceシリーズでも同様の症状が発生していたみたい。

よってPro3ユーザー以外にも参考にしていただけるはず(Surface以外のタブレットであっても以下で紹介する方法の一部は使える)。

 

以下、僕のケースにおける「症状の詳細を説明した後、「解決方法」を紹介する。

 

症状の詳細

マシンスペック

  1. 機種  :Surface Pro 3 Corei7 RAM8GB SSD512GB
  2. OS    :Windows 10 Pro
  3. 使用開始:2018/6/20

 

なお「使用開始」は故障交換品を使い始めた日付。

詳細は以下。

 

www.book-buku-bucky.com

 

症状

  1. ペンが書けない(OneNote含む全てのソフトで)
  2. ペンのトップボタンは反応し、OneNoteは起動する
  3. 持ち手部分の2つのボタンは反応せず
  4. 1年ぶりくらいにペンを使おうとした
  5. ペンは2014年購入

 

もしトップボタンさえ反応しないなら、トップボタンの電池が切れている可能性がある。

 

解決方法

1.Surface Diagnostic Toolkit を実行する

僕が最終的に解決できたのがこのToolkitを実行する方法。

最初に紹介しておく。

 

この方法は以下のMicrosoft公式URLで配られるサーフェス用の診断キットを実行するだけ。

(なお僕の環境だと所要時間1時間くらいだった。よってこの方法は後回しにして他のもっと時間がかからない他の方法(後述の2や3)を先に試してみても良いだろう)

 

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4037239/surface-fix-common-surface-problems-using-surface-diagnostic-toolkit

 

実行したらアップデートチェックみたいなのが始まるので、二つの青いゲージが溜まるまで待つ。

回線速度が遅いと結構時間がかかると思う。

全然ゲージがたまらなくて不安になるけど放置する。

 

終わったら再起動(restart)を促されるので従う。

 

再起動後に勝手に診断ツールが立ち上がる。

ツールで表示される内容はすべて英語だが、分からなくても以下のサイトを参照しながら進めれば大丈夫。

 

forest.watch.impress.co.jp

 

僕はこの診断ツールが完了した後、念のためもう一度再起動した。

そうしてOneNoteを立ち上げるとちゃんと書けた。

 

僕がこの診断ツールを試したのは後述の解決方法「2~6」を全て試した後だった。

検索してもこの診断ツールを使う方法は検索上位に出てこなかったためだ。

結果そのせいで時間を食うことになったため、この記事では最初に紹介することにした。

 

以下にまとめるのは、(僕の問題は解決しなかったが)他の人が「解決した」と報告していたものである。

 

2.ペンを再接続&再起動

おそらくみんなが最初に試す方法。

今はペンとSurfaceがBlootooth接続されてる状態だと思うので、一度これを切断して接続しなおしてみる。

ついでにSurface本体も再起動する。

 

Surfaceに限らずPC関係のトラブルはだいたい「繋ぎなおす」&「再起動」で(なぜか)解決することが多い。

PCの扱いに慣れていない方は覚えておくと良い。

 

3.電池を入れ替える

Surface Pro3 のペンは、トップボタンとペン先部分の電池が別になっている。

 

だからたとえトップボタンでOneNoteが開けても、ペン先部分の電池(単6)が切れているとペンが書けない。

単6電池は普通の店ではあまり見かけないかもしれないが、Amazonでは安く売っているので(2本300円くらい)購入して試す価値あり。

 

ちなみにペンを購入した時に付いてくる単6電池には、以下の画像の上部(12-2022 )のように「だいたいの使用期限年月」が書いてあると思う。

 

f:id:book_buku:20181011164831j:plain

 

Surface Pro3 を発売日あたりに買った人の場合、ここの年が2018になってるんじゃないかな(僕の場合がそうだった。上記画像の電池は新たにAmazonで購入したもの)。

 

これは「製造年」じゃないため注意!

ここを「製造年」と勘違いすると「新しい電池だな。忘れてたけど、最近電池を入れ替えてたんだな」って思いこんで、電池切れに気づかずハマる可能性がある。

 

なお僕の場合は自分の症状から電池切れが原因と思っていたが、入れ替えても解決せず絶望することに。

 

4.デバイスマネージャからペン用ドライバを削除

これはMicrosoftのコミュニティ(URLは以下)で推奨されていた方法。

 

answers.microsoft.com

 

ここで紹介されている手順は以下。

 

Win + S で検索窓(Cortana)を表示 > デバイスマネージャを検索し開く > ヒューマンインターフェイスデバイス > HID 準拠タッチペンを探し、このデバイスをアンインストール > デバイスマネージャを閉じてPC再起動

 

これで分からない場合は上記URLで詳細を参照されたい。

 

このコミュニティで報告されている症状は僕と同じ。

トップボタンだけが反応する状態とのこと。

 

ビンゴ!と思ったが解決せず。

そもそも「HID 準拠タッチペン」なるデバイスがデバイスマネージャの中に無い。

似た名前の別のデバイス(HID 準拠ペン)を削除して再起動しても無意味だった。しくしく。

 

5.wintabをインストール

自分のSurfaceに入っているドライバが古い場合、ペンが書けなくなる可能性があると知人に聞いた。

 

以下のページから自分のSurfaceのバージョンに合ったページに飛んで、デバイスを最新化したら解決することがあるらしい。

 

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4023482/surface-download-drivers-and-firmware-for-surface

 

特に下の方にある「Wintab」が古いかおかしくなっているのではとのこと。

これが無いとペンが書けないらしい。

 

言われた通りインストールしてみるも僕は解決せず。

Pro 3用の他のファームウェアも片っ端からインストールしたけどダメだった。

 

6.書けていた日付でシステムの復元

ドライバ同士が喧嘩して動かなくなってるパターンもある。

 

特にペンタブなんかをSurfaceに接続して新たにドライバをインストールすると、もともと入ってたドライバとの相性が良くなくてSurfaceペンが反応しなくなることがあるらしい(どこで見た情報か分からなくなってしまったので、伝聞形で書く)。

 

よってその怪しいドライバをアンインストールするか、以前のまともだった頃の日時を指定してリストア(復元)すれば直る可能性あり。

まあソフトウェア的な問題ならこれでだいたい解決するはず。

 

僕の場合はチェックポイントが無かったためにリストアを実行できず、ドライバのアンインストールだけを試した。

怪しいヤツを全てSurfaceから一掃。

しかし解決せず、最終的に1.のツールキットを使う方法を見つけて報われた。

 

7.買い替え or ダメもとでMicrosoftに連絡

上述の1~6で解決しない場合、ペンそのものが故障している可能性がある(もちろんSurface側の問題かもしれない。他の人からSurfaceペンを借りてそちらで書けるか試すなどしてみると、どちらに問題があるか分かる)。

 

そこでペンの買い替えは一つの手段。

純正ペンは1万前後して高いけれど。

サードパーティ製のペンも選択肢に挙がるだろうが、こちらの品質は保証できない。

 

以下のMicrosoft問い合わせページからダメもとで連絡してみる手もあるだろう。

 

https://support.microsoft.com/ja-jp/contactus/

 

ペンの故障の場合、無償あるいは有償で交換してもらえる可能性がある。

僕自身、Surface本体そのものを無償交換してもらえた経験があるためだ。

ペンも聞くだけ聞いてみたら対応してもらえるかも。

 

上でも紹介したけど、参考までに無償交換してもらった時の顛末をまとめた記事を一応貼っておく。

 

www.book-buku-bucky.com

 

まとめ

ざっと「ペンが書けない時の解決方法」をまとめてみました。

複数の原因が組み合わさってるパターンもあるかもね。

 

原因が複数ある場合、解決策を実行する順番が重要になるケースもあるかもしれない。

どういうことかと言うと、例えば1→2の順番で実行したら解決するけど、2→1では解決しないとかね。

だから一回試して直らなくても、他のことを試した後もう一回試してみたら解決するかもしれないよ。

 

 

以上、この記事が困っているSurfaceユーザーの方々の助けになれば幸い。

直ってまた書けるようになった時は感動するから頑張って!

 

おしまい。ぶっきーでした。