ぶっきーの超・雑記ブログ

「より良く生きる」を模索する。


googleアドセンスに雑記ブログ100記事で落ちた男の話。




f:id:book_buku:20181017153549j:plain

 

こんにちは、ぶっきーです!

先日、当ブログ100記事達成記念にgoogleアドセンスへ申請しました。

収益化は当初の予定でもあったので!

 

そして…

 

 

f:id:book_buku:20181017155313g:plain

 

 

落ちたんだが??

 

不合格メールにうながされてアドセンスのサイトを見ると、「あのさ、お客様にとって有益なコンテンツを書いてくんない?」的な失礼極まりない文言が。

放言することも多かれど、自分としては結構有益なことを書いてきたつもりだったんでガクッときた。

 

天狗になってるGoogleに馬鹿にされたまま諦めるのは悔しすぎる。

だから分析して対策を練る!

 

申請前にやったこと

まず申請前にやったことについて整理しておく。

 

Googleの規約を読んでも時間の無駄。

「アドセンス 合格」とかでノウハウをググった。

するとプライバシーポリシー免責事項なるものが必要らしいので、固定ページで作って以下のようにフッターにしれっと貼り付けた。

気づいた人いるかな?

 

f:id:book_buku:20181016213639j:plain

 

んで、サイドバーに書いてるプロフィールブログ概要もサラッと修正して申請!

最低限の準備はできていたはずだ。

アドセンスからヘッダーに貼れって言われたscriptタグもちゃんと貼ったよ!

 

分析

そして申請から丸1日後、Googleから上述の失礼極まりないメールが届いたのである。

 

審査って時間かかるらしいですけど、こんなに即効で落とされるってことは何か致命的な問題があるんでしょう。

 

アドセンスにログインして誘導にしたがってコンテンツポリシーなるものを参照してみると、特に以下の箇所に引っかかっておるらしい(下の画像は読まなくていい)。

 

f:id:book_buku:20181016214224j:plain

 

「いやもっと具体的に指摘してくれよ」って思うんだけどみんな同じこと思うんだろうな。

 

それでどう考えても一番下の「過度に下品な言葉遣い」しか思い当たるフシが無い。

そして思い当たる記事が多すぎて修正が相当大変だぞこれ。

 

やっぱ記事が少ないうちに申請しておくべきだったわ。

調べてみると10記事未満で通ってる方もたくさんいるみたいだし。

かたや100記事で落ちて途方に暮れる僕。

泣きたい。

 

対策

めげずに以下の3つの対策を実施することにする。

 

1.問題と思われる記事のピックアップ

まず問題になっていると思われる記事を洗い出した。

 

そしてポリシーに引っかかっていると思われる個所をお上品な表現へと書き換えていくことにする。

どうしようもない記事は闇に葬る。

 

2.質の低い記事のリライト

このブログの一部には1000文字に満たない内容の無い記事や、見出しさえロクに使っていない読みにくい記事が散見された(特にブログ開設直後の記事)。

なのでこいつらもちょっと手を入れて、質の向上を図る。

 

なお一説によると、Googleは見出しタグを「h2 ⇒ h3 ⇒ h4」って感じの順番通りに使用することを推奨しているらしい。

h2を使わずにいきなりh3やh4を使うのはあんまりよくないってコト。

全く見出しを使わないのは論外だろう。

 

3.プライバシーポリシーの位置

プライバシーポリシーを貼る位置に関して、僕としてはできればフッターにしたい。

だから上記対策を実施した後は、フッターのままでもう一度申請する予定。

それでだめなら多くの人が貼っているサイドバーに移動だ。

 

僕の失敗を踏まえたアドバイス

記事が少ないうちに申請すべきなのは大前提として、特に雑記ブログを始める人へアドバイス。

 

ジャンルが分散する雑記ブログは非専門的になりがち。

なので特に、Googleから「有益なコンテンツ」とはみなされにくいらしい。

 

いざブログを始めてみても検索流入がなかなか伸びないことから、そのことを実感するかもしれない。

そのため「有益」と認められて審査に通るには記事が比較的多めに必要になる可能性がある。

 

そこで雑記をやるにしても、最初の10~15記事くらいまでは特定のジャンルや、その周辺のものに絞って投稿するのがいいかもしれない。

こうすればGoogleからすれば「専門的で価値のあるサイト」と見える可能性が高く、アドセンスにも通りやすくなるのではないか。

 

アイデアレベルの話だけどね。

んで合格したら当初の予定通り雑記ブログとして自由にやる感じで。

もちろん自由奔放過ぎて規約違反したらペナルティだろうけど。

 

まとめ

さて、僕は一体何回目のチャレンジで合格できるのか。

 

個人的には上記の対策を施せば次で通ると思ってる。

逆にこれで落ちたら原因がわからんちん。

 

対策を全て実行するのにも時間がかかると思うので、この作業と並行して僕が過去に作っていた趣味ブログの形を整えてダメ元で申請してみている。

アドセンスは所有しているどれか一つのサイトで合格すれば、他の所有サイトで使いまわしても良いとのことなのでね。

→ 2018年10月より仕様が変わり、サイト毎に審査される形に変わった模様。

詳しくは以下の記事の最後の章で言及。

 

www.book-buku-bucky.com

 

以下は上記記事の後日談。

要は追加ブログ審査も普通に厳しいという話。

 

www.book-buku-bucky.com

 

あとAmazonアソシエイトの方は通ったよ。

まあこっちはそんなに審査厳しくないらしいからね。

 

以上、本記事が僕と同じくGoogleアドセンスに落ちちゃった人の参考や励みになれば幸い。

 

落ち込んでるあなた!

100記事書いて落ちた俺よりマシ!!!

 

ぶっきーでした。