ぶっきーの超・雑記ブログ

「より良く生きる」を模索する。


京大病院では慶応のような不祥事&コロナ感染は発生してない、という話

はいこんにちは、ぶっきーです。

今回はマスコミの偏向報道を是正するための記事です。

 

ここ数日、「京大病院の研修医らが自宅待機になった」とニュースになっていますよね。

マスコミはこれを京大病院で不祥事が発生したとも受け取れるような報道をしています。

これ、完全にでっち上げなので騙されないようにしてください

 

 

問題の記事

実は京大病院のニュースの数日前に、慶応大病院の研修医らが自粛要請を守らずに大規模なコンパを行い、結果的に集団感染が発生したという事件が起きています。

 

https://www.excite.co.jp/news/article/Tablo_tablo_20915/

 

これは批判されてしかるべき、慶応大病院の不祥事です。

 

そのような状況の中で、今度は京大病院の研修医らが自宅待機になったというニュースが報じられます。

例えば以下の記事。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200408-00000014-asahi-sctch

 

 

コメント欄を見ると分かりますが、「医療従事者として恥ずべき事」などといった京大病院への批判でいっぱい。

慶応大病院での集団感染発生の直後という文脈を考慮すると、「京大病院でも同じような不祥事が発生したのだ」と思い込んで批判してしまうのは当然でしょうね。

でもこれ、不祥事なんかじゃないんです。

 

 

京大病院の対応は、むしろ賞賛されるべき

 

実は、京大病院は謹慎のために自宅待機を命じたのではありません。

さらには、研修医らが慶応大病院の人達のようにバカ騒ぎやコンパを行ったのでもありません。

 

ではどういうことか。

 

京大病院は、たとえ「家族との会食」程度であっても2週間以内に行った場合は自宅待機を命じるという非情に厳しい基準を設けることで、コロナ感染リスクを徹底的にゼロに近づけようとしただけなのです。

 

事前に「家族との会食はダメ」と言われていたわけではありません。

あくまでコロナ対策を徹底するために、より厳しい基準で事後的にチェックを行ったのです。

 

当然、京大病院の研修医の方々は「家族でもダメなのかよ!」と不満に思ったはずです。

にもかかわらず彼らは真摯に自己申告をしてくれ、自宅待機に従ったとのことです。

そして、これらの研修医の方々の中でコロナを発症している人は一人もいないのです。

これも命を預かる医療従事者としての自覚があるからでしょう。

 

大勢でコンパを行い集団感染を発生させた慶応大病院の人達が批判されるのは当然ですが、京大病院が批判されるのは完全に異常でしょう。

むしろ厳しい基準をもってコロナ感染を食い止めようという京大病院の徹底した姿勢は、社会全体が見習うべき、賞賛されてもおかしくない対応であると断言します。

 

 

なぜ誤解を生じさせるような報道が行われたか

どうして批判されるべきでない人達が批判されるような報道が行われたのでしょうか。

 

これは「マスコミには多数の慶応(と早稲田)関係者が存在する」という事実を知っていると自然に理解されるでしょう。

つまり、自分たちの母校が批判にさらされているから、身代わりを用意したと考えると素直に納得できます。

 

「そんな馬鹿な」と思う人もいるかもしれません。

しかしマスコミをはじめとした大企業の多くには学閥というものが確かに存在します。

そしてこの学閥を通し、くだらないプライドや学歴コンプレックスが企業としての意思決定や商品にまで反映されてしまうということは少なからずあるものなのです。

大企業で働いていた僕はこれを嫌というほど味わいました。

 

今回のコロナの件に関しても、報道で非難されるべき行いをした人たちが他にいるのです。

たとえば感染が拡大し自粛が叫ばれる中、すでに感染者が発生していた早稲田大学の学生達が高田馬場駅に大勢集まってバカ騒ぎをしたという事件。

 

https://matome.naver.jp/odai/2158532828940521601

 

この事件は少し取り上げられただけで話題にならず。

こういった批判されてしかるべき行いをマスコミが大々的に報じないのはなぜでしょうか。

逆に、コロナ感染防止のために真剣に取り組んだ人たちを貶めるような報道をするのはなぜでしょうか。

 

そんなことをしたら、国民が厳しくコロナ対策をしようと思ってもできなくなってしまいますよ?

厳しく取り締まっただけで、あたかも不祥事が発生したかのようにマスコミに報道されてしまうのですから。

それともマスコミはコロナ感染を拡大させてもいいと思っているのでしょうか?

 

 

まとめ

京大病院は今回の件で何も問題を起こしていません。

むしろ賞賛されてしかるべき対応をした京大と、子供のようなどんちゃん騒ぎで世の中に迷惑をかけた慶応、比較するのもおこがましい。

濃厚接触を気にしないのならば、彼らにはまずお酒よりも京大病院関係者の爪の垢を煎じて飲んでいただきたいものですね。

 

そして誤解を与えるような報道をしてはばからないマスコミ。

僕の知る限り本件について訂正も謝罪もありません。

この国のジャーナリズムはどうなっているのでしょうか。

 

最後に、京大病院自身が本件に対して行った反論をリンクしておきます。

頑張れ京大病院!

https://biz-journal.jp/2020/04/post_150900.html

 

今回の記事で少しでもみなさんの誤解を解くことができれば幸いです。

以上、ぶっきーでした。