ぶっきーの超・雑記ブログ

「より良く生きる」を模索する。


「Amazonで検索 ⇒ 楽天で購入」がお得?気を付けたいこと5選




f:id:book_buku:20180825051648j:plain

 

こんにちは、ぶっきーです。

 

ネット通販に関して、よく「Amazonで探して楽天で買ってるわ」って声を聞きます。

これ本当にお得みたいです。

というわけで安心してこの方法を使えるように、節約志向の読者の方々と「本当にお得な理由」を共有。

 

さらに、実際に「Amazonで検索 ⇒ 楽天で購入」を行うときに「気を付けたいこと」も書いておきます。

「この方法を知らなかった方」「使ったことがなかった方」もぜひお試しあれ。

そして上手に節約しちゃってください。

 

発端はAmazonと楽天の比較記事

発端は、よくあるAmazonと楽天の比較をした以下の記事。

 

news.livedoor.com

 

この記事の概要は、「Amazonの方が楽天よりも幅広い層で支持されてる」「楽天頑張らないとやばいよ?」といったもの。

 

それでたくさんの比較データが示されているわけです。

その結果「使いにくい」「アプリの通知が鬱陶しい」とか、楽天はさんざんな評価。

 

ただその中のいくつかのデータを見ると女性は楽天を好意的に評価している傾向がある。

これは「楽天のポイントに魅力を感じる主婦が多い」ことの表れみたいです。

 

それで、実際に「調べるのはAmazonだけど、買うのは楽天」をやったことがある人もかなりいるみたい。

 

節約家なら楽天

上記を踏まえれば「総合的にはAmazonが支持されている」とはいえ、楽天の方が経済的ではある(可能性が高い)ということ。

 

これを知ってしまうと、あえなくニートに身を落とし、節約せざるを得ない状況に追い込まれた僕としては楽天を使うしかなくなる。

節約家のあなたも、もし楽天を使っていなかったらこの機会にいかがでしょう?

 

よく耳にしていた「調べるのはAmazon、買うのは楽天」は正しかったんだなぁ…。

以下ではこれを実践する上で気を付けたいことをまとめておきます。

 

Amazonで探して楽天で買う時に気を付けたいこと

1.Amazonのレビューを鵜呑みにしない

他の記事(Amazonの参考にならないレビュー&その対策の記事)でも書いたので詳しくは述べませんが、最近のAmazonのレビューを鵜呑みにはしないように。

サクラっぽいレビューがよく見られるようになってきた気がします。

 

したがって「Amazonで商品の候補を探して、楽天でレビューを見て購入」が無難ではないでしょうか。

楽天のレビューが少なければ、しょうがないのでAmazonの方を見る感じで。

まあ楽天の方にもサクラはいるんですけど、まだ現状マシな気がしている…

 

2.クーポンの存在を忘れるな!

楽天にはショップごとに使えるクーポンがあります。

これ、結構お得なんですけど使い忘れることが多いんで気を付けて(200円300円OFFとかザラ。1000円単位で安くなることも)。

特にメインがAmazonで楽天はたまにしか使わない方はクーポンの存在さえ知らないかもしれないから注意

 

クーポンは一回使ったショップから、商品購入後に届くことが多いですね。

楽天市場の画面上部に所持クーポンのリンクがあるんでそこからチェックできます。

 

特に古本を買うなら「Value Booksさん」「もったいない本舗さん」がお得だと思う!

本自体も評価通りの綺麗さで普通に安い上、クーポンを頻繁に出してくれる。お世話になってます。

 

3.楽天カード、楽天アプリを活用してさらにポイントアップ

楽天から商品を購入する際、楽天カードで支払うとさらにポイントがたまりやすくなります。

だから長く楽天を使用するなら楽天カードは作っておいた方が良いです。

 

楽天アプリから楽天を利用して商品を購入しても、ポイントアップすることが多いですね。

なのでアプリ経由で買う癖をつけた方が良いかも。

 

4.ヤフーショッピングも忘れるな!

他の記事(Amazon社員の不正についての記事)でも書いたんですけど、最近のネット通販業界はヤフーショッピングも台頭してきています。

だからできればヤフーショッピングも選択肢に入れると良いと思います。

 

多分まだ登録していない人も多いと思いますけど、結構便利ですよ。

商品によってはここが一番安いですし、例えばあなたがTポイントを貯めたい人なら、断然ヤフーショッピングが望ましいはず。

 

Tポイントって出前館で使えるのが個人的には大きかったりします。

「貯めたポイントでたまに贅沢する」という生活、なかなか楽しいですよ。

 

僕の場合、無洗米やプロテインはヤフーショッピングで買ってますね。

2袋、3袋セットだと価格自体も割安でさらに送料無料、のような店がちょいちょいあるんで!

欠点は配送がヤマトじゃないんで、届くまで時間がかかりがちなところかな?

 

5.Amazonブランドは安い

僕の経験上、楽天のポイントを加味しても飲料水はAmazonブランドのものが一番安いことが多いです。

他の日用品も思わぬものがAmazonブランドで出ていたりして、結構安いことがあります。

実は無洗米も最近はAmazonブランドのものが出てる(5kg 2000円弱くらい)。

今の米が切れたら次はAmazonから買うかもしれん。

 

要は思考停止して楽天で購入してちゃだめってことです。

楽天がお得な傾向はあるとはいえ、例外もあります。

特にほしいものがAmazonブランドで間に合いそうなら、Amazonの方がお得なケースが多い気がしますね(品質の面でどうか、という問題はありますが)。

 

まとめ

以上、節約法として「Amazonで検索 ⇒ 楽天で購入」が(例外はあるにせよ基本的には)正しいことを説明し、実践する上で気を付けたいことをまとめてみました。

 

個人的には「日本企業を応援してあげたい」っていう親心(?)みたいな気持ちも正直あり、値段が同じかちょっと高いくらいでも楽天で買っちゃったりしてます。

一種の寄付のようなもの。

 

そういえばこの記事の内容を踏まえると、アフィリエイトをする時なんかはAmazonと楽天両方のリンクを貼ってあげるのが読者さんにとって便利なんじゃないでしょうか。

 「Amazonで調べて類似商品を見たりして最終的に楽天で買う」が簡単にできるので。

 

ま、それはいいとして、本記事が節約志向のあなたの参考になれば幸いです。

 

おしまい。ぶっきーでした。