ぶっきーの超・雑記ブログ

「より良く生きる」を模索する。


レオパレスのエアコンは3時間で切れる!この制限を回避する方法




 

こんにちは、ぶっきーです。

 

今年は記録的な猛暑のため、熱中症に注意するようにと度々テレビなどで呼びかけられている。

そんな状況の中にあって、レオパレスのとんでもない仕様に注目が集まり、物議を醸した。

ご存知の人も多いだろうがレオパレスではエアコンが3時間で勝手に切れるようになっているのだ(レオパレスのすべての物件がこうなっているわけではないらしい)。

 

 

今年のような昼夜問わずクソ暑い状況でもお構いなしである。暑くて目が覚める程度ならいいけど下手したら命を落としかねない。

 

レオパレスはロフト式になっている物件が多いため、温度が上がりやすいロフト部分で寝ている場合はエアコンが切れるとマジでシャレにならないくらい暑くなる。さらに冬は冬で、夜中に凍えることになってヤバイ。

 

そこでレオパレスに住んでいる人間の一人として、この悪しき3時間制限を解除する簡単な方法を紹介しておく。

 

ユニバーサルリモコンを買おう

ユニバーサルリモコンとは、いろいろなメーカーの各エアコンに対して使用できるリモコンだ。Amazonなんかで買えます。量販店にもあるのかな?

 

レオパレスによるエアコンの3時間制限は備え付けのリモコンに細工がしてあるケースが多い。備え付けのリモコンを使って電源を入れたら、3時間で勝手に切れるようになっているのだ。

 

「ならば別のリモコンを使えばいい」という発想だ。

 

ユニバーサルリモコンはAmazonから700円程度で購入できるし、エアコンのメーカーに応じたコードを設定できるようになっている。

 

つまりこのコードを自分の部屋のエアコンに合うものに設定することで、ユニバーサルリモコンによって操作できるようになるのだ。

 

これだけで命の危険を回避できる。

 

注意点

実は同じレオパレスでも部屋によって設置されているエアコンのメーカーが異なっている。

 

どうやらエアコンの種類によって3時間制限の細工の仕方が違うらしく、リモコンを変えただけでは問題が解決しない場合があるので注意してほしい。

 

僕の部屋は三菱製の霧ケ峰で、ユニバーサルリモコンによって問題無く3時間制限を無効化することができた。

 

またユニバーサルリモコンの販売ページで低評価レビューを確認してみれば、どのメーカーのエアコンでは反応しなかったなどといった情報が寄せられているから参考にするとよい。

 

ユニバーサルリモコンはメーカー純正のリモコンではないので、エアコンに備わっている細かい機能は使えないと思った方が良い。

 

それでも電源のON/OFF、温度の設定、暖房/冷房/除湿の切り替え、風向きの設定はできるので困ってはいないが。

 

あと一つ、たまにリモコン側の設定が勝手に変わってしまい、エアコンが反応しなくなることがあった。そんな時はコードをリモコンに再設定すると再びエアコンが反応するようになった。

 

頻度にして1年に1回程度なので別に気にならないが、再びコードを探して再設定するのが面倒かもしれないので一度設定したときにリモコンそのものにコードをマジックなどで書き込んでおくと安心かもしれない。

 

冬は電気毛布という手も

これはおまけだが、冬ならエアコンよりも電気毛布を使った方が快適かもしれない。

ロフト部分にはコンセントがあるからコードの心配はしなくていい。

 

個人的にはエアコンを付けておくよりもこちらの方が気持ちよく寝れておすすめ。

 

まとめ

以上、レオパレスのエアコン時間制限によって苦しんでいる人が一人でも減ることを祈る…

 

ぶっきーでした。