ぶっきーの超・雑記ブログ

役立つことならなんでも紹介!元大企業勤めニートの雑記ブログ。書評、ダイエット、自己啓発、ガジェット、健康、お金の話、教養などなど。


小遣い稼ぎしたいならFXよりブログの方がよくね?みんなブログかけブログ

f:id:book_buku:20180821062757p:plain

 

はいどうもぶっきーです。

 

なんか最近「FXで小遣い稼ぐわ」って言う人が僕の周りだけじゃなくネット界隈でもよく見かけるんで、思うコトをば。

 

FXよりブログの方が手堅くね?

FXやら仮想通貨やら転売やら不動産投資やら、お金儲けの話ってたくさんあるけどさ、その中でFXと仮想通貨くらいは試しにやってみたりもしたけどさ、ブログが一番手堅いんじゃないのって思うよ俺は

 

何よりブログ書いても損することは無いからね。

レンタルサーバーやらドメインやらの維持費はかかるだろうけど、はてなやライブドアブログなど無料ブログサービス使えば別にその辺の費用は抑えられるのだし。。。

(いや無料のままだと広告を自由にできないから結局投資が必要だけど、それ以上損することは無いっていう)

 

FXやってた時の話

意外に難しくはないが…

俺が一瞬だけどFXやっていた時の話を少し書こうか。

 

 

2018年4月に10万円くらい入れて経験積むためにチマチマやってみた。

 

で、なれたら1日500円くらい稼げることも珍しくなくなったんですよ。いわゆるスキャルピングってやつでチマチマと利益確定を繰り返す方法。

結構簡単っちゃ簡単。

 

でもめっちゃ時間かかる

でもこれってずっとパソコンに張り付くことになるんですね。

1日8時間くらい。

 

投資額をもっと増やせばより儲かるとは思うんだけど、例えば上の例で考えるなら1000万入れておけば1日8時間労働で5万円って計算になる。

これだけだと悪くない感じはするけど、負けるときもあるわけで、収支を取ると結局利益は少ししか残らない。

 

さらに運が悪ければ当然損する可能性もある。というか半数以上は損するようにできてる。FXはゼロサムゲームじゃなくてマイナスサムゲームですからね。手数料が取られるので。

 

時間をかけてリスクを買うのは…

この自分の経験を踏まえれば、1日8時間、儲かるかどうかも分からない、しかも半分以上は負ける労働をするというのはかなり割が悪いよなと。

時間でリスクを買ってることだ。

普通、時間をかけたらリスクって減るもんだろ…

 

さらにはいつか自分が想定していない事件が起こって大損する可能性があるってのが何より怖すぎる。リスキー過ぎる。

 

実際FXで大損こいて電車止めるみたいな話もよく聞くよね。

 

ブログは低リスク&充実感

一方でブログですよ。ブログではそんなこと起こり得ないからね。

元手0円で始められる。

 

しかも自分の考えを文章にするっていう一つの表現活動をするのは、人間として健全だと思うんですよ。

なんか、充実感を感じるというか。

 

FXやってるときは「俺ってなにも生み出してないな」「社会の役に立ってないな」って虚無感がすごかった。個人的には。

 

いや、為替に全く意味が無いと言う気はサラサラないんだけれど、何か人間の生き方として正しくない感覚が強かったんだよね。この辺は個人の人生観によるのかもしれない。

 

それに比べればブログというのはまだ自分にとって健全な気がしたんです。

 

人間って何かしら芸術的な表現活動をしたいという衝動が根底にあると思うんですよ。だから昔から人は歌を歌うし、詩を作る。ブログもそういった表現活動に近い所があるなぁって、俺は感じてます。

 

社会貢献にもなる

さらに自分のブログを見て何らかの情報を得たりして人生に生かしてくれる人が出てくれるかもしれないし、それは確かな社会貢献だ。

俺は今はニートですけどそれなりに社会貢献したいという気持ちは持っているのですよ(`・∀・´)エッヘン!!

 

そんな考えから現在俺はFXからは足を洗っております。

そのほかの投資についても同様。

 

まとめ

もちろんFXや投資というフィールドにおいて「自分らしさ」を発揮する人も多いだろうし、それを俺の言う「表現活動」として捉えることも可能だろう。

そういう意味で、他の方がFXとかに没頭するのは全然否定しない。

むしろ応援するよ。

 

あーでも株くらいなら俺もやってみたいかな。

株主優待ってのには興味あるし、有力な企業に出資することは日本を活気づけるという社会貢献にもなる。

 

ちょっと勉強してみよっかな♪