ぶっきーの超・雑記ブログ

「より良く生きる」を模索する。


サッカー日本代表監督って日本人じゃだめなの?




f:id:book_buku:20180821062757p:plain

 

こんにちは、にわかサッカーファン、ぶっきーです。

今回は次期日本代表監督について。

 

次は最初から日本人監督がいいなー

W杯ロシア大会が終わって「次の代表監督どうすんの?」って話題がちょいちょい出ている。

 

残念なことにどうやら西野監督の続投は無いらしい(大会が始まる前からあらかじめ決まっていたとのこと)。

 

そんで外人の誰々が次期監督!!みたいな話題がいろいろ出てるわけですが、僕的には「できれば日本人監督がいーなー」って思ってて、同じ意見を持ってる人は少なくないみたい。

 

直近でW大会決勝トーナメントに行ってるのって岡田監督や西野監督の時で、日本人監督でも結果を出せるってことはもうわかりきってるんだよね。

 

もちろんオシム監督やザッケローニ監督やハリルホジッチ監督の積み上げてきたものがあってのことなのだろうけど。。。

 

なぜ外人監督だとだめ?

僕が気にしてるのは「外人監督の場合、まず言語/文化の壁というデメリットが存在する」ってこと。

普通に考えて、このデメリットを上回るくらいのメリットがないと外人に監督を頼むべきじゃないはずだ。

 

一方で情報社会と言われるこの時代、別に外人監督であっても日本人監督であっても得られる情報量に差は無い。

 

日本人なら日本人の良さも分かる

そもそも日本人にとって得意なことが何かを一番知ってるのは日本人だし、体格に恵まれない日本人が成果を挙げるには自分たちの長所を生かすことが不可欠。

 

外人に頼むにしても、せめてJリーグでの監督経験があったりして日本人に対する理解をある程度持っている人に代表監督を務めてほしい…

 

まあ外人監督だったら海外にコネクションがあるだろうから、海外へのクラブ移籍がし易かったりや海外の強豪の試合を組み易いってメリットはあるのかもしれない。

 

納得いく監督選びをしてほしい

国民としては上述したようなメリットデメリットを踏まえたうえで協会がどのような判断をして監督を決めたかが知りたいよね。

 

そういう「意図」「理由」が明確なら、今回みたいにW杯直前になって監督を交代をするのではなく、もっと早い段階で対処することができたのかもしれないし。

 

まとめ

サッカーの代表監督といったら数億っていう巨額の報酬もらえるわけで、どうせなら日本人に報酬を支払って日本の経済を活性化させてほしい。

って気持ちもあったり。

 

こういう経済観点での考慮ってあんまりされないイメージだけど、国としてどんどん貧しくなっていってる日本にとって重要な考え方ではないだろうか。

 

日本人でできること、もしくは日本人の方がうまくやれることをわざわざ外注して海外にお金を吸い取られてしまうのは、そういう意味でも損なことだともっと多くの人が気づいてほしいなって。

 

これはサッカーに限らずね。

 

と言いつつ楽天よりもアマゾンを使う僕ですが…

 

おしまい。ぶっきーでした。