ぶっきーの超・雑記ブログ

「より良く生きる」を模索する。


アドセンス仕様変更、追加ブログも審査へ&URL登録できない時の対策




 f:id:book_buku:20180821062757p:plain

 

こんにちは、ぶっきーです。

 

以下の記事でGoogleアドセンスの申請にチャレンジ中であることを報告しました。

 

www.book-buku-bucky.com

 

で、審査自体には通過できました。

このブログじゃなくて、過去にやっていた趣味用ブログ(を審査用ブログとして整えたもの)で申請して。

 

しかし記事タイトルの通り、承認されたアカウントに当ブログのURLを追加登録しようとしたところ問題が発生したので対策をまとめておきます。

(エラーメッセージで検索しても1記事もヒットしなかった。2018/10時点です)

 

あとアドセンスに仕様変更があったっぽいので、それについても言及してます。

承認後に追加したサイトも審査対象になるらしいよ☆ってお話(多くのアフィリエイトブロガーの方々にとってはこっちの方が重大と思われます)。

そこだけ見たい人は最後の章をどうぞ。

 

以下、僕と同じ境遇の人の参考になれば幸い。

 

問題が発生した状況

  1. 当ブログでgoogleアドセンスに申請
  2. 落ちた(上で挙げた記事で報告済)
  3. 当ブログの修正と並行し、ダメ元で別ブログで申請
  4. 通過。アドセンスのアカウントが承認される
  5. そのアカウントに当ブログURLの登録を試みる
  6. 登録できず ← これが問題

 

広告を貼りたい本命のブログの為に審査用ブログを作る方法は多くの方が推奨していますが、僕もこの方法を取ったわけです。

 

で、普通は審査用ブログで合格した後、広告を貼りたい本命のブログのURLもgoogleアドセンスに追加登録してめでたしめでたし、となる。

しかし僕はここでGoogle先生に「残念!登録させませーーん!」と弾かれているというわけ。

これが問題。

 

(参考)広告を貼りたいブログのURLをアドセンスに登録する(僕のやった)手順

  1. ホーム画面からサイドバーの「サイト」
  2. 「サイト」画面中の「サイトを追加」
  3. 「あなたのサイト」欄にURLを入力
  4. ブログに指定のタグを貼って「完了」

なおURLの末尾に「/」があると問答無用で登録できないようですので、完了を押す前に消すのを忘れずに。

 

エラー「URL には有効なトップレベル ドメインを指定してください」

で、上記(参考)の手順でこのブログのURLを登録しようとして弾かれた時のエラーが以下(画像の赤字部分)。

 

f:id:book_buku:20181017185911g:plain

 

「URL には有効なトップレベル ドメインを指定してください」

 

有効なトップレベルドメイン?なにそれ??ってなりますよね。

 

トップレベルドメインっていうのは例えば「https://www.book-buku-bucky.com」なら最後の「com」の部分のこと(一般的には)

他にも「.jp」「.net」「.org」とかありますよね。

で、それが「有効ではない」と上のエラーでは言われておる。

 

でもトップレベルドメインが「com」であってもアドセンスを使えている人はいるし、審査に通ったって人もいる。

つまり「com」も有効なトップレベルドメインだってこと。

(。´・ω・)んんっ?

 

そもそもエラーメッセージの所で「正しい URL は http://book-buku-bucky.com ですか????」って尋ねてきてるけど、それ、俺が入力したのと同じトップレベルドメインだから。

ほらやっぱりトップレベルドメイン自体は有効なんじゃん。

矛盾してる意味不明なエラーメッセージだ…。

 

(と思って、Googleの尋ねてきた「http://book-buku-bucky.com」は試さなかった。そもそも登録したいドメインは「https://www.book-buku-bucky.com」だし、最初に審査に落ちた時もこのドメインを直接申請できていたからだ。しかし今考えてみるとGoogleの聞いてきたこのURLを入力して先に進むことができれば、問題は解決する。実はこの後の画面でさらにサブドメインを聞かれ、そこで「www.book-buku-bucky.com」を指定できるからだ。つまり、まずは本来登録したいドメインの上位ドメインを最初に登録しても問題が無いってこと。でも、んなこと先に進んだことがない人間には分からないんだよなぁ…不親切過ぎるわ)

 

(さらに愚痴。普通、「com」以外の部分を含めたドメインをトップレベルドメインとは言わないと思う。このGoogleの誤った言葉遣いだけのせいで時間を浪費させられた。Googleよ、まずお前がユーザーフレンドリーになるべきだ)

 

Googleが尋ねてきたURLを入力してうまく行った方は、本記事の以降の部分は読む必要ないです。

それでもうまく行かない場合は以下で述べる原因が考えられます。

 

考えられる原因

矛盾したエラーメッセージに時間を取られて腹を立てつつ、過去に(エラーメッセージは違えど)似ている事象に出くわした人達の情報をかき集めた。

そこから推定される本問題の原因がこれ。

 

  1. 入力したURLが審査に落ちたばかりだから
  2. URLに使っちゃいけない言葉が入ってる
  3. ブラックリストに入っているURL(中古ドメインの場合)

 

あくまで推定ね。

上記それぞれの原因への対処法は以下。

 

原因への一般的な対処法

1.審査に落ちたばかりの時

この場合は1ヶ月程度登録を保留して、その後再び登録を試すのがメジャーな対処法のようだ。

1ヶ月もかかるなんて、なんともスッキリしない解決法…。

それでもダメなら他の原因が濃厚。

1ヶ月待ってその結果って悲しすぎませんかね??? 

 

しかし僕がやるならこの対処法ということになる…。

 

あるいは今の独自ドメインから別の独自ドメインに切り替える手もあるかもしれない。

今のドメインは捨てて、別のサイトに生まれ変わって登録するわけだ。

新生ぶっきーだ。

 

しかしこの方法では、これまで毎日更新して育ててきた愛着ある今の独自ドメインが無駄になる…

さらに過去に僕と同じ問題に直面してドメインの切り替えまでやった人の話は出てこず、うまく行くかどうかも分からない。

もしあなたがこれをやるなら自己責任で。

 

2.URLに使っちゃいけない言葉が入ってる時

この場合はドメインを変えることで対処する。

 

使っちゃいけない言葉っていうのはGoogleの野郎が一方的に決めてるからハッキリとは分からない。

でも例えば性的な単語だったり特定の企業名や商標権のあるものの名前だったりが含まれていたらダメみたいっす。

この場合はあきらめてドメインを変えるしかない。

 

ちなみに「bucky」で調べたら外国のアニメのキャラの名前らしく、このブログのURLが弾かれるのはコイツのせいかもしれない…⁉

 

3.ブラックリストに入っているURLの時

この場合はドメインを変えることで対処する。

 

中古ドメインを買って利用した場合、過去にそのドメインが良からぬことに使われてて、Google側でブラックリスト入りしている場合があるみたい。

どうしようもないんで他のドメインを手に入れるしかない模様。

 

以上、原因別の対処法。

 

僕が実行した方法

僕は1ヶ月も待ちたくないんで色々いじくってたら解決しました。

URLの頭の「https://www.」を消して、単に「book-buku-bucky.com」を入力するだけ。これでエラーが出ず、先に進めちゃいました。

直後にサブドメインの登録を促されるので、そこで本来登録したいドメインを指定すればOK(サブドメインを後で登録できるって明記しておいてほしいよね。ほんと不親切だわ)。

 

この方法はGoogleが「コレじゃないですか?」って聞いてきたURLを入力するのと全く同じ意味です。

プロトコルが省略されているだけ。

Googleのエラーメッセージが信用ならなかった僕は自力でこの方法に辿り着かねばならなかった。

この章はそんな苦労をした僕のヤルセナサを埋め合わせるためだけに書いてます。

 

この結果を見て振り返ってみれば、Googleがエラーメッセージで言ってた「トップレベルドメイン」とは「com」の部分だけじゃなく、ドメイン全体を意味していたことになる。それならわざわざ「トップレベルドメイン」じゃなくて単に「ドメイン」って言ってくれや…

 

それで仕様的には、独自ドメインの範囲での最上位ドメイン(僕の場合はbook-buku-bucky.comの部分まで)をまず最初に入力しなければならないってことになるみたいですね。

この「最上位ドメイン」のことをトップレベルドメインって誤訳してんだろうなー。

 

承認後、追加登録したサイトも審査対象に

なお従来はサイトリストに新たなURLを登録しても、審査は無かったらしいです(だからこそ審査用ブログを別途作って合格する意味があったのでしょう)。

 

しかしアドセンスの仕様が変わったのか、それとも僕のサイト登録手順が間違っているのか、上記手順でサイトリストへの登録を進めると「んじゃ、新たに登録したサイトも審査するからちょっと待っててね♪」的な表示が。

最初に申請を行った時と同じ文言である。

話が違うぞGoogle!!!

 

最新のGoogleアドセンスのヘルプを見ると、確かにそのようなことを書いておる

 

f:id:book_buku:20181019115923g:plain

https://support.google.com/adsense/answer/9130038?hl=ja

 

どうやら仕様が変わったっぽいですよ。

一歩遅かったというか、最悪のタイミングでアドセンス申請をしてしまったようです。

仕様変えるなら事前にアナウンスくらいしてくれよー。

 

なお既に登録済みのサイトが審査対象になるのかどうかは現時点で不明です。

多分それは大丈夫な気がしますけどね、Google側が大変過ぎますもん。

 

そして今、またしても結果待ち状態の僕。

通常1日で合否が分かるようですが、2018/10/23時点で既に1週間近くが経過しています。

 

もちろん「問い合わせ」から尋ねてみてますが「フィードバックありがとうございました」なる返答以外、音沙汰無し。

僕はフィードバックがしたかったんじゃなくて、結果通知が遅れている現況に対する回答を期待して問い合わせをしたつもりなんだが???

もうなんかGoogleと向き合うのツカレタ。。。

 

まとめ

以上、Googleの「トップレベルドメイン」って単語の使い方がオカシイせいでエラーメッセージに翻弄され数時間が潰れた憐れな男のお話しと、仕様変更についてでした。

呪詛60パーセントでお送りしました。

 

僕のブログよりGoogleの方がよっぽどユーザーフレンドリーじゃないじゃないか。

何が「お客様に有益なコンテンツを提供してください」だよ。

ふざけやがって。

 

「記事にできるしいっか」と一瞬思ったけど、こんなレアケースほとんど誰の役にも立たないっていうね。

 

この記事がいつしか僕と同じ境遇に陥った人の参考になれば、少しは報われるというものです。

そして僕と感情を同じくする何方(どなた)かの留飲を下げる一助となれば幸い。

 

そんなことより多くの人にとって何より重要なのが、しれっとGoogleアドセンスの仕様が変わってることでしょうね。

審査用ブログを作る手法は今後もう通用しないのかもしれません。

 

今年審査用ブログを使って本命のブログまで登録できた方々はギリギリセーフ!

一方でノロマな僕は最悪のタイミングで新仕様の餌食となってしまったのであった。

もはやこのブログのイケナイところを探してはいじくり、探してはいじくりして調教していく他に道は無い。

 

おしまい。愚痴りまくりのぶっきーでした(読んでて不快になっちゃった人いたらすみませんほんと。そもそも早めに行動しなかった僕が悪いんだよなー)。

 

(後日談)

www.book-buku-bucky.com

 

(追記)

アドセンスに超詳しい人が同じ話題について書いてた。

僕のブログ申請手順に間違いは無かった模様。

 

www.iscle.com